3月3日付保健省発表に関する大統領声明/Statement from the President

以下は3月4日付大統領声明の仮日本語訳になります。

3月3日付保健省発表に関する大統領声明

2020年3月4日

2020年3月3日に保健省よりインフルエンザ・風邪の症状を訴えるアメリカ人保健従事者がパラオ国立病院に入院したと発表をしました。国際的に感染が拡大しているコロナウイルスの状況を踏まえ緊急処置が取られましたがこの患者から陽性反応を示す結果が出たものではありません。

パラオは公衆衛生に重点を置くことから国連世界保健機関(UN-WHO)、アメリカ疾病管理・予防センター(US-CDC)、台湾政府および台湾疾病管制局(TW-CDC)と連携を取りながら患者が感染しているか検査を行うと共に対応を進めていきます。

現時点でこの患者がコロナウイルス感染のため症状が発症をしている根拠はなく、また国民や地域がウイルス感染への危機にある根拠でもありません。しかし、保健省が促すような備えや予防は必要です。咳やくしゃみをする時はきれいなティッシュまたは袖で覆い、こまめに石鹸と温水で手洗いまたは原材料70%以上のアルコール類を含む消毒液を使いましょう。

現時点ではこの患者が一般的な風邪の症状以上を訴えることはなく、疑う根拠がありません。新たな情報が入り次第、最新情報を配信します。パラオとCDCでは患者が陽性の場合でも状況を管理する装備が揃ってます。

トミー E. レメンゲサウJr.

パラオ共和国大統領