パラオの新型肺炎への対応について(2月13日付)/Coronavirus Status in Palau (As of 2/13/2020)

2月14日(金)更新

2月1日から運行休止されておりますパラオ=香港・マカオ・中国間のフライトは3月31日まで運休期間が延長されました。また引き続き14日以内に中国、香港、マカオへの渡航歴または乗継をしたことがある方はパラオ共和国への入国が禁止されております。

3月1日から3月31日までの間、中国、香港、マカオに過去14日以内に寄港経歴のあるクルーズ船の入港が禁止されております。またクルーズ船の乗客も乗船する14日以内に中国、香港、マカオへの渡航歴または乗継をした場合は船舶の入港が禁止されてます。入港するには上記条件に当てはまらないことを証明する必要があります。

2月13日(木)時点でパラオ共和国内で新型肺炎コロナウィルス(COVID-19)感染者は確認されておりません。パラオと日本、台湾、韓国、フィリピン、グアムへの渡航は制限されておりません。パラオへの入国には健康状況申告書の記入が必須になります。

パラオの新型肺炎への対応について/Coronavirus Status in Palau

2月5日(水)更新

2月1日から2月29日まで香港、マカオ、中国とパラオ間のフライトはすべて中止されております。また14日以内に中国、香港、マカオへの渡航歴または乗継をしたことがある方はパラオ共和国への入国が禁止されております。

2月5日時点でパラオ共和国内で新型肺炎コロナウィルス感染者は確認されておりません。 パラオと日本、台湾、韓国、グアムへの渡航は制限されておりません。 パラオへの入国には健康状況申告書の記入が必須になります。