ALERT: Confirmed Zika Virus in Palau

The Ministry of Health of the Republic of Palau announced November 7th, 2016 of a confirmed Zika virus case in Palau after receiving laboratory confirmation from the U.S. Centers for Disease Control and Prevention (CDC). The person has had no recent travel history to any Zika-affected areas and is likely to have been infected in Palau.

Please be advised if you are planning a trip to Palau.

For more information or any questions, please feel free to contact one of our Embassies/Consulates or Ministry of Health anytime.

Please view the following report released by the Ministry of Health.

注意喚起:パラオに於いてジカウィルス感染症の感染者確認

パラオ国内に於いてジカウィルス感染症の感染者が確認されたことが米国疾病予防管理センター(CDC)の検査結果を受けパラオ政府保健省より11月7日付で発表されました。感染者はここ最近、ジカウィルス感染症の感染地域に渡航歴は無く、パラオ国内で発症したものと思われます。

パラオに渡航されるご予定のある方はご注意下さい。

 

詳しい情報、ご質問等につきましては駐日パラオ共和国大使館までお問合せ下さい。

 

また、在パラオ日本国大使館ウェブサイトの注意も併せてご確認下さい。

http://www.palau.emb-japan.go.jp/itpr_ja/b_000011.html

 

パラオ政府保健省発表資料をご覧下さい。(英語のみ)