Category Archives: news

続報:極度の水不足に対する義援金寄付の受付開始について

*義援金受付は終了しました。

駐日パラオ共和国大使館はパラオでの干ばつに伴う極度の水不足に対する義援金寄付の受付を開始致しました。

今回は義援金寄付に限定させていただきます。水などの援助物資は追って通知があるまで大使館では受け取ることができませんのでご遠慮下さい。

銀行振込又は現金書留をご利用いただけます。

記名でも匿名でも受け付けております。

入金や受け取り確認をされたい場合、また領収証など寄付されたことを証明する書類が必要な場合は info[at]palauembassy.jp までお名前と住所を記載の上、お問い合わせ下さい。

銀行お振込み先

銀行名:三菱東京UFJ銀行

支店名:四谷支店(店番:051)

預金科目:普通口座

口座番号:0226025

口座名義:パラオ共和国大使館(パラオキョウワコクタイシカン)

※振込手数料がかかりますので、ご注意ください。

 

◆現金書留

〒160-0001 東京都新宿区片町1-1-201

駐日パラオ共和国大使館

電話:03-3354-5500

 

義援金に関するお問い合わせは駐日パラオ共和国大使館までお願いいたします。

駐日パラオ共和国大使館

電話:03-3354-5500

続報:極度の水不足に対する義援金寄付並びに援助物資について

パラオでの干ばつに伴う極度の水不足に於きましたはこの数日間、皆さまより義援金寄付や援助物資について多くのお問い合わせを頂いております。

現在、パラオ共和国政府はこの事態の対処、復旧方法、追加緊急援助の要請などの総計画をパラオ政府内外(大統領を始めとするNEC(国家非常事態委員会)、閣僚、パラオ政府関係各所、並びに日本国政府)と協議中であります。また、義援金受け入れの体制を整えている状態であります。

義援金受付に関しましては当大使館ウェブサイトにて決定次第、情報提供をしてまいります。

義援金寄付や援助物資の郵送や届けは今しばらくお待ち下さい。

ウェブサイトを定期的にご覧いただく事をお願い申し上げます。

多くの報道をご覧になった皆さま、またパラオに多大な思い入れのある皆さまにはご心配をお掛けしております。皆さまのお心遣いに感謝申し上げます。

昨日は少量の雨が降ったことが観測されておりますが、とても十分とは言えません。また、一滴の水も惜しむところでございます。

この一連の異常気象の発端はエルニーニョ現象によるものとされており、この状態が続けば完全断水も免れません。自然任せでもあることとあり、事態終息までは時間を要する模様です。近年、懸念が示されていたエルニーニョ現象ですが、只今発生しておりますエルニーニョ現象は非常に強く、今までに例を見ない規模とされております。

また、この様な水不足はパラオのみならず、ミクロネシア地域全体で起こっております。

他のミクロネシア地域の国でも非常事態宣言が発出されております。

4月1日発表のNOAA (アメリカ海洋大気庁)の最新レポートも合わせてご覧下さい。

http://www.prh.noaa.gov/data/GUM/DGTGUM

Follow-Up Report: Extreme Drought Conditions in Palau

Extreme drought conditions are continuing in the Republic of Palau.

As mentioned in the Declaration of a State of Emergency ordered March 22, 2016, National Oceanic and Atmospheric Agency (NOAA) weather report dated March 21, 2016 states that cumulative rainfall over the past 4 months hit record low ever since 1951 with Koror now in a state of Extreme Drought (Drought Level 3 of 4), and below average rainfall projected for the next 2-3 months. With regards to water sources for the Koror-Airai system, Ngerimel Dam has been shutdown, and Ngerikiil River below 19% of normal production.

Water rationing procedures are taking place with 3 hours of water each morning and evening.

Areas outside Koror and Airai are also experiencing dangerously low water levels and are in water-rationing schedules as well.

Health conditions, wildfire, and securing water for the cooling mechanism for the  electrical power plant are grounds of concern.

Lastly, the Ministry of Foreign Affairs of the Government of Japan made a press release regarding emergency assistance as can be seen from the link below.

http://www.mofa.go.jp/press/release/press4e_001106.html

Source: Ministry of Foreign Affairs of Japan

We will continue to provide follow-up reports.

続報:パラオにおける極度の水不足について

パラオでは引き続き干ばつが続いております。

3月22日に発出されましたパラオ共和国の非常事態宣言にも記されて様にNOAA(アメリカ海洋大気庁)の3月21日付報告では過去4ヶ月の降水量は1951年以来最低を記録し、コロールでの干ばつは極度の干ばつ状態(4段階中3番目)であり、平均値以下の降水量が今後2-3ヶ月続くという予報が出ております。また、水源に関しましてもアイライ州にあるダムは閉鎖、川は水量19%以下。新たな水源として以前使われていたとされる井戸などの水質を調査しております。

今年1月から水位の低下が見られていたものの、3月に入り急激な低下が見られたためPPUC(パラオ公共事業公社)は3月12日から14時間、19日から16時間、そして22日から18時間の計画断水をアイライ州並びにコロール周辺にて実施しております。

アイライ州並びにコロール周辺以外のバベルダオブ島の地域やペリリューやアンガウルの各州でも水不足が発生しており、同じく計画断水が実施されております。

極度の水不足により健康状態が懸念される中、山火事の発生や発電所の冷却水確保も懸念材料であります。

最後に、日本国外務省より緊急援助に関して以下のリンク通り報道発表がございました。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_003183.html

出典:外務省ホームページ

今後も引き続き続報を伝えてまいります。

パラオ政府非常事態宣言:水不足について|Palau Government Executive Order No. 389: State of Emergency – Drought

English follows Japanese.

現在、パラオでは深刻な水不足が発生しております。
これに伴い、パラオ政府は3月22日非常事態宣言を発令しました。
また、計画断水が行われております。

パラオ政府:大統領命令 No. 389 (英語のみ)
http://palaugov.pw/wp-content/uploads/2016/03/EO-389-Declare-State-of-Emergency-Drought.pdf

There is a serious drought currently happening in Palau.

President Remengesau, on behalf of the Government of Palau, issued Executive Order No. 389, Declaring a State of Emergency Due To Drought on March 22, 2016.

Water rationing procedures are currently taking place.
Please see the following Executive Order No. 389 for more details:

http://palaugov.pw/wp-content/uploads/2016/03/EO-389-Declare-State-of-Emergency-Drought.pdf

ジャパン・フィッシング・ショー 2016

本日、1月29日より31日までの3日間パシフィコ横浜で開催されてますジャパン・フィッシング・ショー2016にパラオ政府観光局が出展しております。その模様をマツタロウ大使が視察して参りました。IMG_4476

是非、パラオ政府観光局のブースへ!

IMG_4481

パスポート(旅券)についての注意喚起|Important Notice Regarding Passports

English follows Japanese.

ICAO(国際民間航空機関)が制定したパスポートの国際基準により11月25日以降、機械読取式パスポートでないとパラオに入国できなくなりました。

皆さま、パラオへと渡航される際は今一度パスポートをご確認下さい。

確認方法やパスポートについてのお問い合わせは発行元(日本国パスポートは日本国外務省)までご確認下さい。

その他パラオ入国の条件に変更はありません。

詳しくは出入国管理をご覧下さい。

According to Standards and Recommended Practices of ICAO (International Civil Aviation Organization), Machine Readable Passports (MRP) are required to enter Palau effective November 25th, 2015.

Please verify your passport once again to ensure your travel.

Please contact your issuing country authorities for how to verify your passport and more details.

There are no other changes in regulations with regards to entering Palau. Please contact us for more information.

日本国政府発令、平成27年秋の叙勲等について| 2015 Autumn Imperial Decorations Announced by the Government of Japan

*English follows Japanese

平成27年秋の叙勲等が平成27年11月3日付けで日本国政府より発令されました。

その中でもパラオ国籍のイサオ・シンゲオ 氏が旭日双光章を受章、また在横浜パラオ共和国名誉総領事の藤木幸太 氏が黄綬褒章を受章しました。

イサオ・ピーター・シンゲオ 氏(男、77歳)はパラオ共和国ペリリュー州ゲルデロルク地区在住、現 ペリリュー州酋長、現 ペリリュー州議会議員。長年にわたり日本・パラオ間の遺骨収集・慰霊分野における関係強化へ寄与してきた功績として受章。

詳しくは下記リンクより日本国外務省・在パラオ日本国大使館ホームページをご覧下さい。

http://www.palau.emb-japan.go.jp/oshirase/pressrelease20151104_j.htm

藤木幸太 氏(男、61歳)は神奈川県横浜市在住、現 藤木企業株式会社 代表取締役社長、パラオ共和国名誉総領事。長年にわたり港湾運送業にて業務精励し、寄与してきた功績として受章。

藤木グループについては下記リンクよりご覧下さい。

http://www.fujikigroup.com

駐日パラオ共和国大使館は、イサオ・シンゲオ 氏と藤木幸太 氏にここに重ねて敬意を表するとともに、祝福に言及し、通報する光栄を有する。

平成27年秋の叙勲等について詳しく、また日本の勲章・褒章について詳しく知りたい方は日本国内閣府ホームページをご覧下さい。

http://www8.cao.go.jp/shokun/index.html

The Government of Japan announced the 2015 Autumn Imperial Decorations on November 3rd, 2015. From the Republic of Palau, Chief Obak’Idelolk Mr. Isao Peter Singeo was awarded The Order of the Rising Sun, Gold and Silver Rays, and Honorary Consul-General Mr. Kohta Fujiki was awarded the Medal with Yellow Ribbon.

Mr. Isao Peter Singeo (Age 77) currently resides in Ngerdelolk Hamlet, Peleliu State of the Republic of Palau and is a Traditional Chief (Chief Obak’Idelolk) as well as a Non-Elected Permanent Member of the Peleliu State Legislature. He has been awarded in recognition of all the efforts and distinguished services he has contributed over the years to strengthen the cooperative relation between Japan and Palau in the search for recovery and to commemorate those who lost their lives during World War 2.

For more information, please visit the website of the Embassy of Japan in the Republic of Palau, Ministry of Foreign Affairs of Japan through the following link.

http://www.palau.emb-japan.go.jp/En/aid_obak.htm

Mr. Kohta Fujiki (Age 61) currently resides in Yokohama City, Kanagawa Prefecture of Japan and is President of Fujiki Transportation and Stevedoring Co., Ltd. as well as the Honorary Consul-General of the Republic of Palau. He has been awarded in recognition of all the efforts and distinguished services he has contributed to over the years towards his diligence in the field of transportation and stevedoring. For more information regarding Fujiki Group, please visit http://www.fujikigroup.com.

The Embassy of the Republic of Palau in Japan presents its compliments to Mr. Isao Singeo and Mr. Kohta Fujiki and has the honor to avail itself of this opportunity to renew the assurances of its highest consideration.

For more information regarding the 2015 Autumn Imperial Decorations, or the Decorations and Medals in Japan, please visit the website of the Cabinet Office of the Government of Japan through the following link.

http://www8.cao.go.jp/shokun/en/index-e.html

パラオ共和国独立記念日|Independence Day

palauflag

2015年10月1日はパラオ共和国独立21周年記念日であります。皆様のパラオ共和国へのご尽力とご支援に感謝し、政府を代表しまして駐日パラオ共和国大使館より御礼申し上げます。

また、パラオ共和国と皆様がこれからも共に歩み続けることを願い、この記念日を祝いたいと思います。

尚、パラオ共和国独立21周年記念としまして本国パラオでは記念式典、スポーツ各種の試合、花火、晩餐会やナイト・マーケットなど様々な記念行事が行われる予定です。

October 1st, 2015 marks the 21st Independence Day of the Republic of Palau. On behalf of the Republic of Palau, the Embassy of the Republic of Palau in Japan would like to appreciate the constant support provided for us. As a young nation, we hope all of you will continue to prosper together with us, and we would like to celebrate on this occasion.

In relation with the 21st Independence Celebration, memorial ceremonies, sport activities, fireworks, state dinners, and night markets will be held to celebrate the 21st Independence Day of the Republic of Palau.