All posts by palauembassy

パラオ共和国独立記念日|Independence Day

palauflag

2015年10月1日はパラオ共和国独立21周年記念日であります。皆様のパラオ共和国へのご尽力とご支援に感謝し、政府を代表しまして駐日パラオ共和国大使館より御礼申し上げます。

また、パラオ共和国と皆様がこれからも共に歩み続けることを願い、この記念日を祝いたいと思います。

尚、パラオ共和国独立21周年記念としまして本国パラオでは記念式典、スポーツ各種の試合、花火、晩餐会やナイト・マーケットなど様々な記念行事が行われる予定です。

October 1st, 2015 marks the 21st Independence Day of the Republic of Palau. On behalf of the Republic of Palau, the Embassy of the Republic of Palau in Japan would like to appreciate the constant support provided for us. As a young nation, we hope all of you will continue to prosper together with us, and we would like to celebrate on this occasion.

In relation with the 21st Independence Celebration, memorial ceremonies, sport activities, fireworks, state dinners, and night markets will be held to celebrate the 21st Independence Day of the Republic of Palau.

日本語由来のパラオ語:トリビア(パラオ豆知識)#6

The New KB Bridge (JP Bridge)
The New KB Bridge (JP Bridge)

「ツカレナオース」

突然ですがこの単語の意味が何を意味するか分かりますか?

実はこれパラオ語なんです!!みなさんが疲れた時にリラックスするためにすることと言えば…

そう!お酒を飲むことです!!!!

パラオではストレスを発散させる際にアルコールを摂ることが多く、アルコール類を飲んでリラックスすることを「ツカレナオース(skarenauos)」と言うんです。中でもパラオ人はビールを飲むことが好きなので、よくビールを飲むことを意味してこの言葉が使われているんです。

パラオを訪れたことがある方であれば日本語由来のパラオ語としてこれは有名ですね!

そこで今回のトリビアは日本語由来のパラオ語をちょっとだけ紹介します。

パラオは戦時中の日本統治の名残から日本の文化や日本語からの借用語がとても多いことで有名です。

パラオ語の単語の約25%が日本語由来の単語とされていて、身近な表現から学術表現に至るまで今でも幅広く使われているんです。

日常的によく用いる言葉としては

ダイジョウブ(daiziob)

センキョ(sengkio)

デンワ(dengua)

ゾウリ(zori)

ベントウ(bento)

ベンジョ(benzio)

ヤサイ(iasai)

センプウキ(sembuki)

などが有名で、

サッポロ・イチバン(sapporo ichibang)=カップラーメン

アジノモト(chazino moto)=味の素の調味料

じゃんけんでおなじみのアイコデショ(chaiko detsiu)

などちょっとユーモアのある言葉もあり調べればきりがないくらいです。

日本語由来の語は人名にも影響していて例えばカトウサンというラストネームを持つパラオ人もいます。ただ日本語で名前を呼ぶとカトウサンさんというおかしなことになってしまいますが…

ちなみに駐日パラオ大使館の特命全権大使もラストネームがマツタロウであり、日本人からしたら不思議な感覚ですね。

最後に…パラオ語の特徴として地名にもあるガラスマオの滝(Ngardmau Waterfall)や日本語由来のパラオ語のローマ字表記からもわかるようにパラオ語ではchやngは発音しないのが通例です。このように日本語由来のパラオ語だけでなくパラオ語自体について調べるのもおもしろいかもしれません!

今回特集した日本語由来のパラオ語の多さからも分かるように日本とパラオは歴史的にも深いつながりがあります。その一例として写真は日本とパラオの友好関係の象徴である橋(通称JPブリッジ)です。この橋の詳細はまた後日載せますね!!お楽しみに〜〜〜

ジェリーフィッシュレイク:トリビア(パラオ豆知識)#5

J.F.L._0050

DSCF2343

Alii!こんにちは!

皆さんはパラオの人気スポットの一つ、「ジェリーフィッシュレイク」をご存じでしょうか?ふわふわゆらゆらと水中を漂う姿が心癒されるジェリーフィッシュ(クラゲ)。実はこれ、塩水湖に生息するタコクラゲの一種でゴールデン・ジェリーフィッシュという大変珍しく、毒を持たないクラゲなんです!大昔の地殻変動によって出来たこの湖にクラゲが取り残され、進化の過程で毒を持たなくなったと言われております。1998年にはエルニーニョ現象により水温が上昇し、一時は絶滅寸前だったジェリーフィシュレイクのクラゲ達、今では復活!実はこのジェリーフィッシュレイク、海底近くで外海と繋がっているという話も聞きます。それにも関わらず、水深15mより深いところは全く空気がない無酸素層であり、有毒な硫化水素が含まれているのです。ところで「硫化水素」って?って思いますよね。温泉地域に行った時に嗅ぐあの特徴的な匂い、硫黄とよく言われていますが実は硫化水素。無色で水によく溶ける弱い酸性の性質を持っており、皮膚や粘膜を刺激する有毒な気体です。万が一ジェリーフィッシュレイクでダイビングをすると無酸素層に含まれている有毒な硫化水素が皮膚などから吸収されてしまうと血液中に溶け込み血液の酸素供給へ害を及ぼし、頭痛や吐き気、さらには死に至る危険性があるのです。硫化水素の濃度を測る際に試めしに湖の底に実験的に鉄の棒を落とし、10分後引き上げてみると…..なんと真っ黒になって帰ってきたとのこと。規定濃度の8倍の硫化水素が湖の底で観測されているというジェリーフィッシュレイク、これでは人間はひとたまりもありません。では、なぜこの現象が起きているのか。その一つの理由として何千年も昔、死骸を分解するバクテリアがジェリーフィッシュレイク内の酸素を全部取り込んでしまったため、硫化水素が発生したといわれています。しかし、ジェリーフィッシュレイクは周りを高い山で囲まれているため、水面を吹く風の力が弱く、湖の深い部分では硫化水素の浄化しきれないのです。そのため、特に深いエリアでは光合成で酸素や栄養素を作る共生性の藻類を体内に取り込んでいるジェリーフィッシュやプランクトンのみ生息可能ということです。これがジェリーフィッシュレイクのクラゲさん達が猛毒な硫化水素でもへっちゃらな理由なのです。

とはいえジェリーフィッシュレイクにいるクラゲは実はとっても繊細な生き物。水から出されてしまうと体内の水が組織から流れ出て壊れてしまう恐れがあります。又、フィンが当たるだけでクラゲは簡単にスライスされてしまい、死んでしまいます。その他にも、大変危険なためダイビング禁止、スライス事件撲滅のためライフジャケット常時着用、そしてクラゲにとって有害である日焼け止め禁止などのルールがあります。

人間よりも強い面や弱い面もある不思議なジェリーフィッシュレイクのクラゲ達。

皆さんも訪れる際は湖の主に敬意を表し、クラゲ達のゆらゆらと水中で舞う姿をお楽しみください!!

J.F.L._0065

最後にクエスチョン:ジェリーフィッシュレイクに生息するクラゲの足は何本でしょうか?

正解は下↓

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は:8本。タコクラゲとあって足は8本。しかし、たまに4本、6本、または10本の足を持つ超人的クラゲも存在します。是非、訪れた際はじっくり観察をし、レアものを探してみてください。

戦争跡:トリビア(パラオ豆知識)#4

こんにちは!

さて、今日は戦争の爪痕について触れたいと思います。パラオで戦争と言えば第二次世界大戦のペリリューの戦い。この戦いは1944年9月15日から11月25日までの間に戦われ、第二次世界大戦の中で一番悲惨とも言われております。大勢の犠牲者で想像を遥かに超える戦いだったことは間違いありません。

このペリリュー島を始めとするパラオのあちらこちらに今でも数多くもの爪痕が見受けられます。ペリリュー島では洞窟、砲、戦車、司令部跡などが有名で、戦争の爪痕を一目見て脳裏に焼き付けようとして観光客が連日訪れているとのことです。4月の天皇皇后両陛下ご訪問のこともあり、注目度が上がったのは確かです。ペリリュー島以外にも、アンガウル島や、市街地周辺のコロール島やパラオ最大の島のバベルダオブ島などにも多数戦争の跡が見られます。

実は現在パラオ大使館ウェブサイトの歴史ページを制作中のため、はっきりいつになるかは未定ですが、いずれそのうちアップされますのでもうしばらくご辛抱ください!

今回は普段のトリビアとはちょっと違いましたが、次回をお楽しみに〜!

DSCN3496ペリリュー島の滑走路。日本軍が建設し、東洋一とも言われました。その当時のまま今でも使われています。

DSCN3522米軍第81歩兵師団慰霊モニュメント

DSCN3523オレンジ・ビーチ

DSCN3526日本軍戦車

DSCN3528DSCN3532日本軍司令部跡。建物の真ん中には爆弾の跡、壁には銃痕があります。風呂場や炊事場も残ってます。隣には洞窟の防空壕も残ってます。建物はしっかりとしており、今でも大きな台風が来る際はペリリュー島民の避難場所ともなっているんです。

DSCN3543ペリリューWWⅡ歴史博物館

DSCN3545アメリカ軍戦車

DSCN3551日本軍短砲

DSCN3556米軍第1海兵師団慰霊モニュメント

IMG_0768アイライ州にある日本海軍通信施設跡

残念ながら今回はこの11枚の写真のみですが、これ以外にも多数の戦争跡やペリリュー平和記念公園、ならびに日本兵士慰霊碑などが多く存在しますので是非ご自分の目でご確認ください。

バナナ:トリビア(パラオ豆知識)#3

Kayangel IslandKayangel - Banana

こんにちは!新たなるトリビアの発見です!!

前回ご紹介したカヤンゲル島、覚えてますか?実は、このカヤンゲル島はパラオ国内ではバナナでよく知られているんです!パラオでは多くの場所でバナナの木を見かけますが、カヤンゲルのは違うんです。まず、全体的に見てパラオのバナナは日本で売られている一般的なバナナよりは甘めのように感じます。パラオ滞在中、様々な場所でパラオバナナを食べました。その中でもペリリュー島のバナナとカヤンゲル島のバナナが有名なんです。ペリリュー島はパラオの南の方に位置しており、第二次世界大戦中の激戦地であったことはご存知かと思います。ペリリューバナナはちょっと甘めです。しかし、これを上回るのがカヤンゲルバナナ。カヤンゲルバナナは外見の見た目、形や色は日本でも見かけるバナナ。大きさはちょっと小ぶりかなって感じです。皮を剥いてガブリと一口。そうするとこれは普通のバナナとは違うとすぐ分かりました。もちろん、この意見は一意見であり、違う考えを持っている方もいると思います。とても甘く、また普通のいわゆるバナナより色が黄色っぽかったです。あまりの美味しさに、バナナ自体の写真、取り忘れました!しかし、バナナを食べる前に撮った写真をアップします。これ、ゴールデンウィーク中のカヤンゲル島で、生憎の雨でした。これはカヤンゲル島唯一の道で舗装されていない道路の両脇にはバナナがぎっしり。前回お伝えした台風ハイエンで島の木々はほとんどすべて薙ぎ倒されました。その後、再度ヤシの木やバナナの木が成長し、ここまでなったんです。生命力を感じます・・・。しかし、なぜカヤンゲルのバナナはちょっと違うんでしょうか?やはり日照時間や天候や自然環境とか関係しているものなんですかね?何方か植物の生態に詳しい方に是非研究していただきたいです。カヤンゲルバナナはパラオの国内でもあまり出回りません。カヤンゲル島の道の両脇にぎっしりあるバナナで、民家の軒先によく吊るされているバナナでさえ、ちょっとレアものです。ちょっと補足ですが、バナナを吊るしている理由はなんでしょうか?実はこれ、バナナが傷まないようにするんですね。また、パラオで見かけるのは収穫したばかりのまだ緑のバナナを海水にジャブジャブとつけるんです。そんなバナナ〜って思われるかもしれませんが、これをすると、早く熟して黄色くなって食べ頃になるんだとか。

パラオのカヤンゲルバナナ、ご自分の目、鼻、と口でカヤンゲルに行かれた際に是非味わってみてください!パラオのバナナを食べ比べるのもいいかもしれないですね!!

台風ハイエン:トリビア(パラオ豆知識)#2

We are TOMODACHI

Ungil Tutau! おはようございます!

さて、早速第二弾に行きたいと思います。

どうやら太平洋上には台風や熱帯低気圧が多数見られ、日本にも接近や上陸する恐れがあるとのこと。そこで、今回は豆知識として我々パラオ政府からみなさんに覚えておいて頂きたいことをお伝えします。パラオの台風被害と言えばやはり思い出すのは2013年に発生した台風ハイエン、フィリピンの別名ヨランダ。日本では平成25年台風第30号として知られてますね。この台風はカテゴリー5又はスーパー・タイフーンと位置づけされ、フィリピンを直撃したのはニュースでご覧になられたと思います。しかし、皆さんご存知でしたでしょうか。パラオの一番北にある州、カヤンゲル州のカヤンゲル島にも絶大な被害をもたらしました。

当時、カヤンゲル島には24世帯69人もの住民がいました。最大風速70m/s以上、そしてリーフ内で6mを超える波を観測しました。壊滅的な被害をもたらし、全損の建物が22戸、そしてコンクリートの骨組みだけが残ったのが2戸。しかしながら、負傷者ゼロで全員が無事という奇跡とも言える出来事でした。島民はシェルターやコンクリートで出来たシャワールームや貯水タンクに身を隠し夜から明け方に掛けて過ごしました。貯水タンクに入ったはいいものの出る術がなく、助けが来るまで長時間閉じ込められてたという珍事件も発生。その後、島民はパラオ政府と赤十字の連携協力などでコロール島に避難しました。また、カヤンゲル島の復興のため国連、日本国政府、アメリカ合衆国政府、そして台湾政府など様々な方面からODAや支援を頂き、大変びっくりと言いますか感激したのを覚えております。

その支援のうちの一つをここで取り上げたいと思います。パラオ滞在中、何回か発見した「あれ、これどこかで見たことある!」と思ったこのディスプレイ。そこで大使館にあるオリジナルをパシャリ。パラオでの台風被害を聞きつけ、噂で広まった日本の皆様の寄付金募集でなんと4,466人から日本円で¥40,250,096を支援して頂きました。その後、この寄付金はパラオ共和国のレメンゲサウ大統領に託し、復興支援に充てられました。本当に有難うございました!

今現在のカヤンゲルは大分復興が進み、島民も大部分が帰島。しかし、まだ台風の爪痕が残っております。

台風についての補足ですが、パラオは台風の卵が発生する地域として知られていました。しかしながら、最近ではパラオの南東の海域で発生することが多くなり、パラオに到達する頃には台風が急成長していることが多いです。この理由として地球温暖化が示唆されてます。温暖化によりエルニーニョ現象が起こり、台風が発達しやすくなっているとされています。地球温暖化、その他にも海面上昇などパラオにも影響しているんです。レメンゲサウ大統領も国連で声明を発表などをし、協力を呼びかけてます。英語のみとなりますが、国際連合パラオ共和国政府代表部のホームページにてご覧いただけます(http://palauun.org/official-statement/)。また、ニュースの方でも紹介した5月に開催された太平洋・島サミット(PALM7)でも気候変動について議論やイベントが開催されました。このサミットの概要も日本国政府外務省のホームページで検索をしてみてください。

これから台風シーズンで次々と台風が来るのでしょうか?今回の一連の台風たちはパラオへの影響はほとんど無いと見ておりますが、これから先の台風情報から目が離せません。

それでは、また次回をお楽しみに〜!

セブンティー・アイランド:トリビア(パラオ豆知識)#1

Rock Islands Southern Lagoon / Seventy Islands
Rock Islands Southern Lagoon / Seventy Islands

皆様、こんにちは!ここ1年程イベント続きで忙しくしてまいりました大使館も平常を取り戻しました。普段であればここで大使館やパラオについて関連のあるニュースをお伝えしてますが、今回はちょっと違う試みをしてみようと思います。

さて、もう夏目前。夏休みの計画はされてますでしょうか?

パラオの紹介で必ず登場するパラオといえばここという定番ですね。はい、セブンティーアイランドです。セブンティーアイランドとは世界複合遺産に登録されたコロール州の「南ラグーンのロックアイランド群」の中にある自然保護区です。この地域では、タイマイなどの亀などの産卵が盛んであり、また海洋生物や鳥、そしてロックアイランドの一部を保護する目的で1956年にパラオで初めて設置された自然保護区です。さて、セブンティーアイランドはいくつの島から形成されていると思いますか?名前から想像すると70とお答えする方も多いかと思います。しかし、実際には40もの大小の島からなっています。セブンティーアイランドの正式名称は Ngerukewid Islands National Wildlife Preserve(ネルケウィト・アイランド群自然保護区)と言い、諸説あるものの、セブンティー(70)という名前の由来は元々この地域の島の名前である Ngerukewid(ネルケウィト)からきています。Ngerukewid とは ngeru (ネル)と okeuid(ケウィト)、2つの言葉から形成されており、ngeru はどこかの場所という意味、そして okeuid が70という意味で、Ngerukewid はいわゆる70の場所という意味です。また、okeuid は70という意味の他に弁当(パラオ語でBento)という意味もあります。(弁当は皆さんご存知の通り、いわゆるお弁当です。日本統治時代の名残として数多くの日本語がパラオ語として使われています。)セブンティーアイランド周辺は魚類が豊富であり、この周辺海域を訪れる際は弁当を持っていく必要が無いということに因んでセブンティーアイランドと呼ばれるようになったのかもしれません。しかしながらこれは諸説ある中の一つであり、なぜ Ngerukewid という名前がついたかの詳細についてはっきりしたことは残念ながら不明です。

補足としまして、セブンティーアイランドはパラオ人には Cheuid el Chol (エウィ・エル・オル)と通称されており、7つの浜辺(ビーチ)という意味です。

パラオ豆知識でちょっとしたパラオ通になれましたでしょうか。

夏休みにパラオを訪れてみてはいかがでしょうか?もうすでに夏休みの計画があるという方は次回の候補として是非。皆様の来島、お待ちしております!

天皇皇后両陛下、北原尾に行幸啓| Their Majesties Visit to Kitaharao (Miyagi Prefecture)

天皇皇后両陛下は明日、6月17日に宮城県蔵王町にある北原尾(きたはらお)地区を行幸啓なさいます。北原尾は「北のパラオ」としての名前の由来があり、太平洋戦争終戦後、パラオより引き揚げた日本人によりこの地域が開拓され、命名されました。

Their Majesties the Emperor and Empress of Japan will visit the Kitaharao region located in Zao Town of Miyagi Prefecture tomorrow, June 17th, 2015 (JST). The name Kitaharao derives from “Kita no Palau” meaning North Palau. After the end of World War 2, the Japanese residents in Palau retreated in which these people found and named the region.

第7回太平洋・島サミット開催 (PALM 7)|The 7th Pacific Islands Leaders Meeting (PALM 7)

1997年より3年に一度開催されている太平洋・島サミット(PALM 7/Pacific Islands Leaders Meeting)が今日と明日(2015年5月22・23日)、福島県いわき市で開催されます。太平洋島嶼国16カ国が出席する今回のサミットは第7回を迎え、気候変動や太平洋島嶼国と日本の関係を強化する目的の首脳会議や関係者間協議が行われます。サミットに合わせ、様々な関係行事も開催されています。また、今回のサミットでは太平洋諸島フォーラムにて議長を務めたパラオ共和国のトミー・レメンゲサウ大統領が安倍総理大臣と共同議長を務めます。

The 7th Pacific Islands Leaders Meeting will be held today and tomorrow (May 22 & 23, 2015) in Iwaki City of Fukushima Prefecture. This summit is held every 3 years since 1997. President Tommy Remengesau Jr. of the Republic of Palau who chaired the Pacific Islands Forum will be co-charing this summit together with Prime Minister Shinzo Abe of Japan. 16 Pacific countries attending the summit together with Japan will also be holding bilateral meetings as well as other high level meetings, discussing about topics such as climate change to strengthen relations between the Pacific countries and Japan. Many events in relation to PALM 7 are also being held.

天皇皇后両陛下、パラオ御訪問について|Their Majesties’ the Emperor and Empress Visit to Palau

日本語

http://www.kunaicho.go.jp/activity/gonittei/01/gaikoku/h27palau/eev-h27-palau.html

出典:宮内庁ホームページ「天皇皇后両陛下のパラオ国御訪問について」

 

http://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/ocn/pw/page4_000925.html

出典:外務省ホームページ「天皇皇后両陛下のパラオ共和国御訪問に関する内閣総理大臣談話」

 

English

http://www.mofa.go.jp/press/release/press4e_000597.html

Source: Ministry of Foreign Affairs of Japan

「Statement by Prime Minister Shinzo Abe on Their Majesties’ Visit to the Republic of Palau」