プリスティン・パラダイス環境税の導入について|Implementation of the Pristine Paradise Environmental Fee

2018年1月1日よりPristine Paradise Environmental Fee/ PPEF(プリスティン・パラダイス環境税)の徴収($100)が始まります。これに伴い、今までの出国税($20)並びに環境税($30)は廃止されます。新たな環境税は航空券の代金に上乗せする形で徴収されます。このPPEFはパラオ国家海洋保護区法にて制定され、環境保護を目的として開始されます。2017年12月31日までに航空券を発券し、2018年1月31日までにパラオを出国された場合は今まで通りの出国税並びに環境税(合計$50)のみのお支払いになります。この場合、入国審査の際に2017年12月31日までに航空券を発券したと証明する書類が必要となります。 Edited: 01/23/18 11:22AM